2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11















「陸にぃちゃん bye-bye・・・」

背中の傷の治りも順調で
8月4日(火)の検診の時も
「土曜日 無事抜糸できそうですネ」と
先生から そう言われていた陸。。。

ただ 前回2.6kgあった体重が 2.4kgに減っていました。

連日の猛暑続きで
少し食欲が落ちていた陸。。。

猛烈な暑さが 陸の体力を奪っていました。

l-ir2

8月7日(金)
本来なら 前日の木曜日が休診日なので
必ず金曜日には 皮下点滴に連れて行くのですが
この日… 高速道路で大きな事故があったらしく
道路は 高速も一般道も酷い渋滞で
お父さんの仕事が 遅れ遅れになっていました。
(お父さんは 今 トラックの運転手です。。。)

この日 朝から殆ど食べ物を口にしようとしない陸。。。

それが気になっていたのか
お父さんから 1日に何度か電話が入っていました。
「陸の病院…間に合うかな~」

病院の夜診は 午後8時まで。。。
少しくらいの遅刻なら 
申し訳ないけど 今まで何度か待って頂いていました。

しかし この日は
お父さんの帰宅が 午後8時を超えてしまいそうでした。

「今日 仕方ない…」
明朝一番で 病院へ連れて行ってもらえるよう
ご近所の猫友Aさんに 無理を承知で頼みました。。。

今までも ゴハンを食べない日があっても
次の日の通院まで 乗り越えてくれた陸。。。

午後10時頃…みんなのゴハンタイムには
ケージの中で スープの缶詰を半分くらい食べてくれました。

大丈夫!
明日の朝には 病院へ連れて行くからネ。。。

一生懸命 スープを舐める陸・・・
そして フラ付く後ろ足で トイレに行く陸・・・
トイレから戻り ケージの中のベッドに
倒れ込むようにして横たわる陸の姿を見た時
少しだけ 私の胸がざわつきました。。。


8月8日(土) 午前2時頃・・・
透明な水のような物を少しだけ吐いたことから
陸の容態は急変しました。。。

呼吸が荒くなり 目は空を見つめ・・・
でも しっかりと目は開いていました。。。

午前3時半・・・
出勤前のお父さんが
「陸…行って来るわナ。。。」と言いながら
陸の頭を撫でると 「ゴロゴロ…」とノドを鳴らして応えました。

「目がしっかりしてるナ…大丈夫やん!」と
お父さんは 安心して仕事に出掛けました。

でも それは
陸がお父さんに 最期のお別れを言うため
お父さんが起きて来るのを待っていたのでした。。。

お父さんが出掛けて 僅か数分後・・・
手足をバタ付かせ始めた陸。。。
首を仰け反らせ 「ウン…ウン…」と 声にならない声を出し
私の「陸…逝かんとって!」の呼び掛けに応えるように
ふっ…意識が戻ることを 何度か繰り返し・・・

午前4時15分
痙攣もなく 最期の声も挙げず
本当に穏やかに・・・眠るように・・・
陸の呼吸は 静かに止まりました。。。

夜が明けたら
病院に行って 背中の傷の抜糸をする予定でした。。。

riku150808_2.JPG

riku150808_3.JPG

l-ir1

一晩 ケージの中のベッドで過ごした陸。。。

8月9日(日)
午後1時に お寺さんを予約しました。。。
riku150809.JPG

riku150809_6.JPG
猫友の皆さんから贈られた たくさんの花に囲まれ。。。


ケージの中のベッドに安置している間 みんな知らん顔だったのに
お寺さんへ連れて行く準備を始めると
riku150809_2.JPG
陸を慕っていた子たちが 箱の周りに集まり始めました。。。


riku150809_4.JPG
銀河 大地

riku150809_5.JPG
佐助 レオくん
レオくんは 何だか とっても怯えていました。。。^^;

riku150809_3.JPG
海> 陸にぃちゃん…もう起きへんの?
 どこに連れて行くン。。。(: ;)


大好きだったみんなとお別れをして
お別れに駆け付けてくれた ルミちゃんに乗せてもらい
陸の亡骸を しっかりと抱いて お寺さんへ向かいました。。。

riku150809_7.JPG
陸と 本当に最期お別れ。。。

riku150809_8.JPG
陸のために 御経をあげて頂きました。。。


riku150809_9.JPG
そして2時間後・・・

全盛期は 我が家いち巨漢だった陸の身体が
こんな小さな白い器に収まってしまいました。。。

l-ir1

保護してから この秋で9年。。。

保護当時 生後半年くらいだったせいか
すっかり人間嫌いで 気難しい屋さんだった陸は
抱っこは愚か 触ると必ず手が出ました。

しかし それも
ここ数年は すぐ側までやって来て
「腰トントン」をすると ノドを鳴らしたり
顔を見て 小さな声で鳴いてくれるようになっていました。

体調が悪くなって 病院へ通うようになり
皮下点滴や 診察が終わると 
陸の方から 「帰ろうヨ」と 抱っこをせがむ姿は
本当に可愛かったです。。。

元気になっても このまま・・・
甘えてくれる陸のままで居てくれたら良いナ~と思ってた。


陸・・・
今度 キミが生まれて来た時は
人間嫌いになるような目に合う前に
きっと見つけてみせるから。。。

そして 今度は
兄弟の蓮や武蔵のように
目一杯 抱っこして 腰トントンして
いっぱい いっぱい・・・ オモチャで一緒に遊ぼう♪

人間は 大嫌いだったけど
ニャンズのみんなには とっても慕われていた陸・・・
riku140720.JPG
2014.7.20  ねねちゃんと・・・(蕾ちゃん)

riku140827.JPG
2014.8.27  桃ちゃんと・・・

みんな 陸の事が大好きでした。。。

そして 自分より先輩の
龍馬と大和のことが 大好きだった陸・・・

みんな みんな・・・
陸の事は 絶対に忘れない。。。


陸・・・ 本当にありがとう。。。
きっと また会おうね・・・

それまで どうかゆっくり休んで下さい。。。





kao-1 「しっぽ天使」のために がんばってます!
      応援ポチ☆して頂けると うれしいです***


 neko-rankingsankasitemasu.gif
 にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

muku-1 tag-nekobaka-green 

人間よりもずっと短い猫生。
こんな小さな身体なのに、こんなにも大きな想いを残して逝った陸君。
今度は甘えん坊で戻って来ようね。
安らかにお眠り下さい。

大切に育ててきた子供達を、ひとりひとり見送る辛さを思うと、言葉が出て来ません。
陸君はTatsukiさんに守られて、精一杯頑張りました。いっぱい褒めてあげて下さい。

哀しみでいっぱいでしょうが、Tatsukiさんもお父さんもご自愛下さいませ。



[ 2015/08/13 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/1068-47e99e6b