2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05















海との 最期の1週間。。。2

l-ir2

10月21日(水)・・・
朝から 突然体調が悪化した海・・・。

お父さんが仕事を早めに切り上げて帰って来てくれたので
大慌てで 海を病院へ連れて行きました。

外部検査の結果
海から新たに発見された菌に合った注射を打ってもらい
午後8時ごろ 帰宅しました。。。

umi151021_7.JPG
リビングに 力なく横たわる海・・・

umi151021_6.JPG
この時・・・ 目の前の海の弱り具合に 正直 私は不安で一杯でした。。。

でも レントゲン検査の結果
肺炎を起こし掛けているとは言え 肺の曇りも少なく
胸水も 腹水の心配もないことと
血液検査の結果も 炎症を表す数値はあるものの
その他 これと言って目立った異常は見つからないので
私は 不安を打ち消すように 海に「がんばろうな…」と
精一杯 明るく声を掛け続けました。。。


PM10:30頃
大きな声で鳴いたかと思うと 透明な水のような物を大量に嘔吐。
また熱痙攣を起こしました。

海の身体を起こし 喉を詰まらせないよう 口の中を拭い全て吐き出させると
海は 「はぁ・・・」と 大きなため息をついて 少し顔が安堵しました。

その痙攣と嘔吐の時 海はまた失禁してしまいました。

気持ち悪いだろうと 敷物のバスタオルを替え
下にペットシーツを敷いてあげました。。。
umi151022_3.JPG
でも それから海の眼は はるか遠くを見つめたままに。。。

時々 後ろ脚で 首の辺りを搔こうとするので
「痒いの?」と 耳の下あたりを搔いてやると
後ろ足だけが 何度も空を“カキカキ”していました。。。


この時・・・
さっきの熱痙攣と 嘔吐のあと
海の意識は 完全に無くなってしまったんだと・・・

この後ろ脚で 首を搔こうとする仕草も
亡くなる前の 無意識の行動だと気付き
涙が溢れて止まりませんでした。。。

kaiumi151021.JPG

そして 日付が変わって しばらく経った頃
両手を前にピンと伸ばして 何かを探すような仕草をするので
その伸ばした両手の先を そっと手のひらで包んでやると
私の手のひらに 小さな肉球を押し当てて
海の得意な「モミモミ…」をしながら
じっと私の顔を見つめ続けてくれました。。。

それから数分・・・
私の手のひらを「モミモミ」していた海の手が止まったと思うと
クリーム色の海のしっぽの毛が 「ボワッ」と膨らみ
私のを見つめていた海の頭が 小さく「コトリ…」と傾きました。
umi151022_4.JPG
海の胸と お腹の動きを確かめると
海の呼吸が止まっている事を知りました。。。

静かに・・・
本当に静かで 穏やかな 海の最期・・・

そして あまりにも呆気ない 最期でした。。。
umi151022_5.JPG
2015年10月22日(木) AM0:25 海 永眠

umi151022_6.JPG
海は 本当の「天使」になりました。。。
 
l-ir2

海の食欲が落ちて 体調を崩して 僅か1週間・・・

本当に 呆気なく海は逝ってしまいました。。。


海という子は・・・
この活動をしていて
時々 疲れて弱音を吐く私を
その愛くるしい姿で
声で 仕草で・・・
癒し 慰めてくれる 特別な子でした。。。

私は 今まで 
こんなにも 海に助けられて来たんだと
海を亡くした今になって
痛いほど 思い知らされています。

私は
海に 何のお返しも出来ないうちに
海が逝ってしまうなんて・・・
失って 初めて分かるなんて・・・
本当に情けないです。。。





kao-1 「しっぽ天使」のために がんばってます!
      応援ポチ☆して頂けると うれしいです***


 neko-rankingsankasitemasu.gif
 にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

muku-1 tag-nekobaka-green 


Tatsukiさんのように、たくさんの子供達のお世話をしていると
生と死の両方をお世話されているんだなぁと、つくづく感じました。
海ちゃん、この前の見上げる写真も、とても可愛かったですね。
みんな、みんな、Tatsukiさんに愛され、幸せに過ごし、幸せの内に逝ったのは確かです。

海ちゃんのフミフミに、胸がつまり涙が止まりません。
海ちゃん、安らかに・・・
そして、みんなと一緒に、Tatsukiママを見守ってあげて下さいね。

[ 2015/11/16 23:14 ] [ 編集 ]

泣きながら読みました。

「私は
海に 何のお返しも出来ないうちに
海が逝ってしまうなんて・・・
失って 初めて分かるなんて・・・
本当に情けないです。。。」

一緒です。
失って初めて一緒に過ごせる時間に限りがあったんだって、思い知らされました。

海ちゃんのご冥福をお祈りしております。

振り向けば、顔をあげれば、きっと
たくさんのつぶらな瞳がキラキラと、見つめてますよ。

[ 2015/11/17 22:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/1090-d159f538