2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11















ひとに優しくなれる。。。

今日のお天気  晴れ のち  曇り 夜になって 
waiya

ひとりぼっちだった。。。

niwanyan1110213

いつも 優しくボクを抱っこしてくれて
オッパイやゴハンをくれてた 大好きなママが
ある日突然 ボクを叩いて 追っ払うようになった。。。

niwanyan111021

そして 周りにいたオジさんたちも
ボクに噛み付いて 追っ払おうとした・・・

悲しかった・・・
淋しかった・・・

とっても怖かった・・・


だけどママは助けてくれなかった。。。


怖くって・・・
寒くって お腹がすいて
ボクは大きな声で泣いてたンだ・・・


ずっとずっと震えてたよ・・・

ママが恋しくって泣いてたんだよ・・・

ママの胸が恋しくって・・・恋しくって・・・

niwanyan1110212


ある日
いつもゴハンを持ってくる “大きなひと”が
ボクに柔らかい物をかぶせたと思ったら
そのまま掴まれて 持ち上げられたんだ・・・


そして知らない匂いのする所に ボクは入れられた・・・


知らない匂いのするオジさん オバさんがいっぱいいて
ボクのところに寄って来て すごく怖い顔して怒ったんだ・・・ 

ボクは身体を思いっ切り小さくして ジッとしてた・・・

「ボクは何も悪い事はしないョ」・・・って・・・

kai1110212

だけどね・・・
オジさん オバさんたちも 
ボクと同じようにして ココに来たんだって・・・

kai111021

ママが恋しくて泣いてたボクを
抱っこしてくれる優しいオジさんや
一緒に遊んでくれる お兄ちゃんたちも
ココには いっぱいいた・・・

taiyo111021

そしてあったかくて 柔らかいところで眠れて
ゴハンも お腹いっぱい食べられた・・・



だけどね
ココの中にいたら 外には出られないんだよって
“大きなひと”が言った・・・


もう お外を自由に走り回ることはできないンだって・・・


ボクは・・・ 

daichi111021

もうひとりぼっちはイヤだ・・・

izou1110212

外に出られなくったって・・・

koyuki111021

身体を 目一杯 丸くしても
ひとりで寝るのは とっても寒いから・・・



nyan's111021

身体を寄せ合えば こんなにあったかい・・・

ひとりぼっちの淋しさを 知ってるみんなだから・・・

だから 寄り添って眠るンだよネ・・・


だから みんな ボクに優しくしてくれるンだよネ・・・





 click01ランキングに参加しています…

          ブログランキング・にほんブログ村へ “ぽちっ”っとひと押し お願い致します!

    にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

    decobanner     

   click03『トラコミュ』 目の見えない猫ちゃん♪にエントリーしてます!
にほんブログ村 トラコミュ 目が見えない猫ちゃん♪へ
目が見えない猫ちゃん♪

   みなさまの 温かいクリック☆ 励みになります。。。よろしくお願いします!
[ 2011/10/22 ] ねこ日記 | TB(0) | CM(4)

他人の痛みや悲しみを分かってあげられる人間が、少なくなった今、
動物たちの仲間意識の強さには、本当に教えられる事が多いです。

そして、自分の子に対して、優しく、時には突き放す強さを持つ母猫には、
我が子に対する本当の愛情を感じます。

子供は、いずれ自分の足で歩いて行かなくてはならないもの・・・
母親は、いつまでも側に居てやる事が出来ないのだから、
自分で生きて行く術を自分で見つけさせてやるのも母親の役目・・・。
手放した子供が、悲しい結末に終わるかもしれない。
それでも、心を鬼にして子供を突き放す母猫の姿は、
今のモンスターペアレントと呼ばれる、人間の親なんかよりも、
ずっとずっと深い愛情を感じます。

Tatsukiさんのお宅には、たくさんの色々な愛情を感じさせて頂きます。
Tatsukiさん達ご家族の人間同士の夫婦愛、親子愛・・・
小さな命に対する深い愛・・・
そして、その猫同士の愛・・・
中には相性の悪い者も居たりして、ケンカする事もありますが、
小さな命が現れた時の大人猫たちの寛容な姿・・・。

小さくて、弱い者をいたわる事を忘れてしまった人間には、
到底真似の出来ない事だと思います。

Tatsuki家には、本当に生き物って素晴らしいなと、
いつも、心の底から感動させられます。
[ 2011/10/22 15:57 ] [ 編集 ]

命の灯火

本当の優しさってなんだろう…いつも考える


自分さえ良ければいいと思う傲慢な人間達の増えたこの世の中で沢山の罪無き小さな命達が消され救おうとする優しい心が傷つけられるのを沢山見てきた…

そんな時人間である自分が堪らなく嫌いになる…何故こんな醜い生き物に生まれてきてしまったのかと…

そんな時tatsukiさんや沢山の命と暮らす人達・そしてこの小さいけれど暖かい命達にいつも教えられる…そこにあるのはただ生きたいと願う命と幸せになって欲しいと願う命の優しさだけ…

小さいけれど暖かい灯火が消えない様に…

小さいけれど幸せな時間が消えない様に…

沢山の命が寄り添い時には笑い時には涙を流す…暖かく切なくそして優しい時間の中で…

いつも教えられます…
[ 2011/10/23 01:42 ] [ 編集 ]

☆Shifumiさんへ☆
ニャンズと一緒に暮らす他愛のない日々の出来事の中に
ニャンズからは 本当にたくさんのことを教えてもらっています。

それは庭ニャンコからも同じで
特に 母猫の強さや優しさ…そして厳しさです。
子猫に厳しさを教えなければ 外の世界で生きて行くのは難しい。
子猫にとって初めて経験する 母からの厳しい仕打ち・・・
子離れの時期 本当に見ていて辛くなりますが
それが 母の子供に対する本当の愛情なのだと思います。

私の猫に対する愛情なんて あの母猫たちに比べたら
本当 足元にも及ばないのかも知れないです。。。
[ 2011/10/24 00:49 ] [ 編集 ]

 ☆やわにゃんさんへ☆
犬や猫達が 野良として自由に生きて行くのが難しくなってしまった今の世の中。。。
人間さえ 平和で清潔で満腹であればいいなんて 本当になんて傲慢な事でしょう。。。

これからの時期 冬眠前のクマが 山から下りて
民家の敷地に入ったと言っては 射殺されてしまったり
イノシシが人里に下りて来たというニュースが多くなります。
まず なぜ下りて来るのかを考えてあげて欲しいと私は思うのです。

怪我を負わされた方には 本当に気の毒な事だと思いますが。。。

野良の始まりは 捨てるから・・・
我が家の庭に現れるニャンコ達も 元をたどれば誰かが捨てた子が始まり・・・
まるで害虫のように「駆除」と銘打って 捕獲して処分される 望まれない命。。。

その始まりを正すこともせず 我が町の町内会で
最近「野良猫に餌やるな」という回覧が回ったり
町内会の集まりでも 度々話が出ているようです。

野良猫ゼロの町・・・それが この町内の目指すところだとしたら
本当に悲しい話です。。。
[ 2011/10/24 01:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/597-fdb5697d