2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09















悲しいことが続きます。。。

今朝 また別の箱の中で
生後2ヶ月足らずの子猫が亡くなっていました。

この子は 母親に連れられている子で
子猫3匹のうちの1匹でした。

どうして こんなに続くのか・・・。

ご近所に住む猫友さんに聞いてみても
そちらのお宅の周りでは 変わった様子はないとのこと。。。


掛かり付けの獣医の先生に電話で相談してみました。

とにかく 今は大地と安曇への感染が心配だとのこと。
そして抵抗力の弱い千代のことも。。。

「お気持ちは分かりますが 手出しはしない方が良いと思います。
 渡してある薬で持ち堪える子がいるのなら しばらくは様子を見て・・・」と。

嘔吐や下痢もなく 日に日に弱ったという訳でもない・・・
うちの庭の その兄弟だけに症状が現れているのなら
その子たちの母親から 何らかの母体感染をしたのかもしれない。
生後7、8ヶ月経って 症状が出てくる病気もあると。

先生曰く 症状からして「猫かぜ」だとは思うのだけど
はっきりと断言は出来ないので…と念を押されました。


温かい湯たんぽを 新たに二つ用意して
親子の居る場所に入れてあげましたが
通いの親子・・・果たして入ってくれるか どうか。。。

そして 先生の指示通り 接触に気を配りながら
抗生剤と消炎剤を しばらく与えてみようと思います。



今回の事に至るまでに いくつかのボランティアさんに
野良ちゃんたちの事を 何度も相談してみましたが
結局どちらも 保護してもらえるなんて甘い話はなく
地域猫の件を勧められました。

私の住んでいる町では 地域猫に対して理解を得られず
「駆除」することと「野良猫に餌をやるな」ということです。
餌さえやらなければ よそへ行くというのが この近所の考えらしいです。
地域猫の方法に対しても 避妊が終わってリリースすることは
野良猫が減ることとはならないという考えで
とにかく この地域から野良猫を追い出したいようです。
 

そんな自治会から 2年ほど前「野良猫に餌をやるな」という回覧が回りました。
明らかに うちと近所の猫友さんに対して言いたかったようですが。。。

それからと言うもの 私たちの所に通う野良ちゃんが一気に増えたのです。
それまで 他でゴハンを貰っていた子が
回覧が回ったことで 貰えなくなったからでしょう。 


近所の白い目もありましたが それでも見過ごすことが出来なくて
せめて弱った子や病気の子・・・産んで置き去りにされた子など
保護しては 微力ながら里親も探しました。

それでも 次々に新顔の野良ちゃんたちが通って来るようになり
このままでは 私たちも倒れてしまうのではないかと不安なって
昨年 近所の猫友さんと色々と相談して
望まれない命を これ以上増やし 悲しい事にならないようにと
今 通って来る女の子たちだけでも避妊手術を受けさせようと進めていた矢先に
昨年末の うちの子たちの病気の事があって
経済的にも 外の子たちにしてあげる余裕がなくなってしまったのです。


niwanyan111128
そんな中で 今回の5匹と子猫は生まれ・・・そして4匹も逝ってしまいました。。。

本当に 本当に可哀想なことをしてしまいました。



コメントを頂いた方々・・・
個々にお返事を書く事が出来なくて 本当に申し訳ありません。

また改めて ゆっくりお返事を書かせて頂きます。。。

 



 click01ランキングに参加しています…

          ブログランキング・にほんブログ村へ “ぽちっ”っとひと押し お願い致します!

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ

    decobanner     

   click03『トラコミュ』 目の見えない猫ちゃん♪にエントリーしてます!
にほんブログ村 トラコミュ 目が見えない猫ちゃん♪へ
目が見えない猫ちゃん♪

   みなさまの 温かいクリック☆ 励みになります。。。よろしくお願いします!
[ 2011/11/29 ] ねこ日記 | TB(0) | CM(3)

お許し下さい

tatsuki様前回の無責任なコメント誠に申し訳ありませんでした

tatsukiさんがそこまで努力をされていたのに余りに辛い現実だったとは…

生きたい…ただそれだけも許さない心無い自分本位な人間の住む街の中で小さな命達に心を痛めるtatsukiさんに私は何も言える資格がありません…

でもせめて同じ小さな命達に優しい方にtatsukiさんの想いが届く様無力ですが訴えかけてみます

どうか1人で背負わないで下さい
[ 2011/11/29 11:15 ] [ 編集 ]

二ツの記事、読ませて頂きました。
私もTatsukiさん一人で抱え込むのには、あまりに辛過ぎる現状だと思います。

動物を命だと思えない心しか持たない人には、理解できないこの問題。
そして小さな命でも、生きる権利があると考えるTatsukiさん側の苦悩と痛みは、
今、この世の中が最も重要視すべき事だと思います。
たかが野良猫の命・・・と見過ごすことは、やがて取り返しの付かない事件に発展した例も多いからです。
無抵抗の動物や、小さな子供に対する虐待なども、決して関係がなくはないと思います。

Tatsukiさん、心が折れてしまいそうだと心中お察しします。
が、私も微力ながら呼びかけさせて頂きますので、どうか気持ちをしっかりと持って、
この現状を乗り越えられますよう、頑張って下さい。

私の発言に気を悪くなされたら、申し訳ありません。
[ 2011/11/29 16:03 ] [ 編集 ]

辛く、悲しい出来事が続いていますね。
亡くなった子たちも、Tatsukiさんを頼っていたんですね。
私もとても悲しいです。

暑い夏、寒い冬、外で暮らす猫さんには過酷な環境。
人間が、猫さんや他の動物達の暮らしを脅かしている事は明らかで、
“自分たちだけが良ければそれでいい”
と言う、身勝手な人間が良くないのだと思います。

Tatsukiさん、あまりご自分を責めないで下さいね。
個人で出来る事は限界がありますよ。
(こんな発言しかできず、ごめんなさい)
Tatsukiさんは、猫さんの為に精一杯して下さっていますよ。

腰の症状は如何ですか?
Tatsukiさんが倒れるといけません。
どうか、しっかり休養をとって下さいね。
[ 2011/11/29 20:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/621-a64b049a