2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11















庭ニャンコの その後。。。

わずか5日の間に 相次いで4匹の庭にゃんこが亡くなり
かなり動揺していた私。。。
この日記で 書きなぐるように吐き出させて頂きました。。。

そのため 読んで下さった皆さままで
暗い気分にしてしまったようで・・・

この場を借りて お詫びさせて頂くと共に
励ましのコメントを頂いた皆様に お礼を申し上げます。

個々へお返事を書けないでいるにも関わらず
コメントを頂けて・・・ 本当に申し訳ありませんでした。

皆さまからコメントで励まして頂いたり
労いのお言葉を頂いて 私は本当に幸せ者です。。。


お陰様で 私は元気です。。。
尾骶骨は相変わらず痛くて 病院にも行けてませんが・・・(苦笑)


そして今朝は 悲しい亡骸を発見することはありませんでした。


ただ 以前通っていた子のうち 未だ2匹は姿を見せていません。

3匹戻って来た子のうち 2匹は元気を取り戻しつつあるようです。


あとの1匹は かなり弱っているようなのですが
まだお隣りの庭から こちらを監視するように蹲ったままで
私が近付くと 逃げてしまいます。。。
あまり怯えさせて 逃げ回らせるのも可哀想なので 
今は手出しせず そっと薬を混ぜたゴハンだけ運び
いつも蹲っている場所に 湯たんぽを置いてやって様子を見ています。
顔がドロドロに汚れていて ゴハンはまったく食べてくれません。

保護したい衝動に駆られてしまうのですが
主治医の先生の言い付けを守り 見守ることに徹しています。


亡くなった4匹の子たちは うちの近くの雑木林の中に
並んで埋葬してあげました。。。

niwanyan111129

今は 私にできる範囲で 今後どうして行くのかを考えたいと思います。

そのために 信頼できるボランティア団体を見つけ
そちらの力も借りて 庭に居る子たちの将来と
今 姿を見せている4匹の子猫の将来を一緒に考えたいと思います。

今日 一件のボランティア団体さんに 話を聞いて頂きました。
その方と金曜日に もう一度話し合いをする予定です。


ただ今後 野良ちゃんたちの“地域猫化”する活動は
この町では理解や賛同を頂けないので 私ひとりでは出来ません。
近所に住む猫友さんと協力しても
この地域の 野良ちゃんたち全員に 避妊・去勢手術を受けさせたり
寿命を全うするまで面倒を見るのは 経済的に無理なのです。

家の中の子たちに しわ寄せが行ってしまっては
これまで 何をしてきたか分からなるので
本当に最善の策を考えたいと思います。。。

うちの子たちも 野良にゃんこたちも
幸せになる権利は みんな平等なのですから・・・。

deni2





 click01ランキングに参加しています…

          ブログランキング・にほんブログ村へ “ぽちっ”っとひと押し お願い致します!

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ

    decobanner     

   click03『トラコミュ』 目の見えない猫ちゃん♪にエントリーしてます!
にほんブログ村 トラコミュ 目が見えない猫ちゃん♪へ
目が見えない猫ちゃん♪

   みなさまの 温かいクリック☆ 励みになります。。。よろしくお願いします!
[ 2011/11/30 ] ねこ日記 | TB(0) | CM(2)

みんな想いは一緒です

tatsukiママさんどうか1人で背負わないで下さい…

コメントの返事なんて無くても分かります…

ここに来ているみなさんもきっとtatsukiさんと今同じ想いを抱いているはずです…

私自身沢山の命を救えず冷たくなった子達を手の中に抱く度自分の無力さ・人間の愚かさ・この世の中の汚さ・発狂したくなる位心が悲鳴を上げその度心に針を突き刺されそんな心の汚れた人間達に殺意すら抱いている子供の時すらありました…

でもそんな中で自分を犠牲にしながらも本当の命の尊さと共に寄り添う事の幸せを教えてくれたtatsukiさんの様な沢山の方達に出会い恨みや憎しみではこの命を救えない…救えるのは優しさと幸せになって欲しいと言う心からの願いだけ…教えられました

よければ私にもtatsukiさんの悲しみ・苦しみ・やり場の無い怒りを遠慮せず分けて下さい…きっと辛さをみんなで分ければ少しは心が軽くなるときっと想います

遠く離れていても同じ命達を愛するもの同士いつも心から応援しています

どうか自分のお身体御自愛下さいね

(^_^)沢山の子供達が居るんですから
[ 2011/11/30 11:44 ] [ 編集 ]

そうですよ・・・決して一人で背負い込んでしまわないで下さい。
今までたくさんの命と関わって来られて、順調とまではいかなかったとしても、
今、側に居る子達や、巣立って行った子たちに真剣に接して来られ、
Tatsukiさんは、ご自身ができる限り充分やって来られたと思います。
ここからは、少し人から力を借りられても良いのではないかと思います。
亡くなった子達には、本当に胸が裂かれるほど辛くてらっしゃることと思いますが、
その子達が身を持って教えてくれているのではないでしょうか?
このままでは、TatsukiさんもTatsukiさんご家族も(ニャンズを含め)倒れてしまうと。

あちこちのブログを拝見していて、小さな命に対する虐待の多さに怒りが込み上げて来る。
そんな中Tatsukiさん達のように、真剣に小さな命と関わってらっしゃる記事を読んで、
怒りや空しさ、そして私自身が過去に救えなかった子に対する罪悪感を和らげさせてもらって来ました。

Tatsukiさんには、本当に感謝しています。
だから私も、良ければTatsukiさんの手助けをさせて頂きたいと思っています。

そして、小さな命を思う方は、少なくないと信じています。
みんなで乗り越えれば、きっといい解決策が見つかると思うのです。

やわにゃんさんがおっしゃるように、コメントへの返事など気にせず、
Tatsukiさんの今胸にあるものをここで存分に吐き出してぶつけて下さい。

それから、側に居る子達のためにも、ご自身のお身体も充分ご自愛下さい。
[ 2011/11/30 14:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/622-a5973015