2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12















パルボ・・・終焉と代償

今回 いちばん最初に吐き気の症状が出始め
12/10頃から10日間「猫パルボ」と闘い
そして12/20 「膿胸」に二次感染している事が分かって
1週間 頑張って治療した太陽。。。

体調を崩してから 17日間も戦い続けてくれました。

taiyo120112_6

「膿胸」になって
一時は ゴハンを食べられるまでに回復の兆しが見え
千代と以蔵を続けて失った 私たち家族の希望の光となってくれていただけに
太陽の死は 本当にショックで 今も悔しくて溜まりません。。。

deni2

千代が12/16に亡くなり 以蔵たちが次々と体調を崩した12/18頃
太陽の呼吸が荒くなり 肩で息をして苦しそうにし始め
検査の結果「パルボ」は乗り越えたけれど 二次感染から「膿胸」を起こしていた。。。

12/20 初めて胸水除去の処置を受け 108mlもの胸水が抜ける。

それから呼吸も楽そうになり 蹲って眠ることしかできなかったのが
ちゃんと横に寝転がって 眠ることができるようになった。
食欲も戻って 一人前の食事を食べきれるようになる。

しかし熱は常に39℃代と高く 食欲はあるものの呼吸が荒くなり
25日頃には また肩で息をするようになって 蹲って眠るようになる。

12/26 2度目の胸水除去 しかし以蔵の時と同じく殆ど抜けない。
夜 帰宅後も酸素テントのケージの中で ずっと伏せの状態のまま。。。
眠ることも出来ない様子で とても辛そうに夜を明かした。。。
口は半開きのままで ヨダレが止まらない。。。
目は虚ろで 明け方には伏せることも出来ず ずっと座ったまま。。。

朝を待ち 病院に行く準備をしていると
信じられないような力で 暴れて抵抗して
キャリーバッグに入る事を とてもイヤがった・・・

そしてキャリーバッグの中で 蹲ったまま呼吸困難になり
そのまま…私は成す術もなく・・・
抱き上げた私の腕の中で 太陽の身体は痙攣して・・・

本当にあっけなく・・・ 太陽は息を引き取った。。。

きっと「もう病院に行っても無駄だ」と言ってたのかもしれない・・・
「このまま家に居たい」と言っていたのかもしれない・・・

キャリーバックの中の太陽は その骨だけになった背中で
私たちに「もう連れて行かないでょ」と言っているようだった。。。

 
あの時 あんなに病院に行くことを嫌がっていたのなら
無理に連れて行こうとしなければ良かった。。。
あんなに力いっぱい 抵抗さえさせなければ
もう少し 太陽の命は生き長らえていたのかもしれない・・・

そんな後悔が胸を締め付ける。。。


先生と看護士さん達は
「家で最後を迎えたかったんでしょうね・・・」と言って下さった。。。
前日 入院中の病院でも 呼吸が荒く苦しそうだった太陽は
充分な睡眠も採れず 体力も殆ど残っていなかった。
あのまま病院に向かっていたとしたら
道中の車の中・・・もしくは病院で息を引き取っていたかもしれない。。。

だけど私は・・・
一度持ち直してくれた太陽・・・
必ず元気になると信じて疑わなかったから。。。


大好きな毛布の上に 太陽をそっと寝かせてあげた・・・
そして2週間以上 太陽の腕に刺さったままだった点滴の針を外してやり
その 毛が剥げて細くなってしまった腕を 何度も何度も撫でてあげた。。。


あの日から 私の心には
大きな針が刺さったままになってしまってる。。。

taiyo120112
肉が落ち 骨だけになってしまった太陽の身体。。。


taiyo120112_8
苦しくて半開きだった口も 午後には閉じていた。。。


taiyo120112_3
食べたいのに 吐き気が邪魔して食べられず 本当に可哀想だった。。。
病院から 太陽の大好物ばかりお供え物して頂きました。


taiyo120112_2
千代を 本当の妹のように可愛がり 大地とも仲良く遊んでた太陽。。。
まだまだ子供だったけど 頼りがいのある兄貴分で
名前の通り とても優しい“太陽”のように温かい子でした。。。


そして・・・太陽にも可愛いお花を頂きました。。。
taiyo120112_4
「この時期 なかなか見つからなくて…」と “ひまわり”を探し回って下さった看護士さん。
涙を浮かべ「見つからなくて…でも似てるでしょ?」と “太陽”によく似た花を下さいました。

添えられたカードには・・・
taiyo120112_5

太陽と同じ キジ猫のメッセージカードでした。。。

deni2

こうして突然 我が家に襲い掛かった「猫パルボウイルス」は
太陽の死と共に 今 終息に向かいつつありますが。。。


「膿胸」になってしまった市は 今も酸素吸入をしながら治療を続けています。
ichi120113


そして誰よりも早く体調を崩し 食欲不振になった大地は
血液検査の結果 発症から回復までの日数などから
「パルボ」に感染していた可能性があるようです。
daichi120113
ただ 「猫パルボ」を乗り越えた今も 食欲不振は続いていて
殆ど自分から何も食べようとせず 点滴と流動食の日々が続いています。
また 太陽と同じく甲状腺ホルモンの異常が見つかったため
大地も まだ楽観視はできない状態が続いているのです。。。

b-bottle1-ani-1

昨年の11月末から続いている 我が家の「猫パルボ」騒動について
この公の場で綴っていくこと・・・色々と悩みました。

記事を読んで「いつまでも長々と…」と思われた方もいらっしゃると思いますが
我が家で毎日起こる事柄・・・実際に起こった事を
この子達の日記である このブログに残していくことが
私の このブログを始めた本来の目的でありましたので
このまま 変わらずに続けていこうと思っています。。。

写真や記事の中の文章に 刺激の強い部分があるかもしれませんが
これが この数ヶ月の間に 我が家に起こった
悲しい現実の記録ですので ご了承下さい。


そして この騒動の間も
変わらない励ましのコメントを下さっていた皆さま・・・
お返事も出来ずに申し訳ありませんでした。。。
本当に心から感謝しています。。。

私は元気です。。。
そしてニャンズと病気に負けないよう励まし合って
今も頑張って治療を続けています。

もう少ししたら 元気なニャンズの姿をご紹介したいと思っています。

それまで もうしばらく お時間を下さい。。。
お願い致します。。。





 click01ランキングに参加しています…

          ブログランキング・にほんブログ村へ “ぽちっ”っとひと押し お願い致します!

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ

    decobanner     

   click03『トラコミュ』 目の見えない猫ちゃん♪にエントリーしてます!
にほんブログ村 トラコミュ 目が見えない猫ちゃん♪へ
目が見えない猫ちゃん♪

   みなさまの 温かいクリック☆ 励みになります。。。よろしくお願いします!

tatsukiさん…本当に辛いね…きっと今も自分で心の中に沢山の後悔や悲しい想いの針を突き刺している事と想います…

でもね…太陽ちゃんもみんなも不幸じゃなかったんだよ…

だってみんなtatsukiさんの家が何処よりも暖かい事を…幸せの場所だと知っていたもの

だからみんな最後の場所に選んだ…誰でもないtatsukiさんの優しい心と手に抱かれて天へと見送られたかった…きっとそう想うんです

いつだって優しい心を持てば持つ程…愛すれば愛する程優しい小さな命達を見送る残された人達は辛いけれど…だからこそそんな命が儚く尊く愛おしく素晴らしい事を忘れずにいられる…

どうか最後まで頑張った太陽ちゃん達を褒めてあげてください…tatsukiさんの家を明るく照らし千代ちゃんの優しいお兄ちゃんだった太陽ちゃんを…

今も病と戦う市ちゃん…どうか負けないで

優しい子大地ちゃん…どうか元気を出して
atsukiさん…お身体無理せず見守りながら養生なさってください
[ 2012/01/16 01:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/641-9d2811aa