2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11















琵琶湖疏水 2

『 琵琶湖疏水 』 から つづく・・・

l-ir2

『蹴上インクライン』跡で 桜吹雪の中
京都駅ビルのデパ地下で買った お弁当を平らげた私たちは
花見の車で大渋滞の「仁王門通り」沿いから
「南禅寺前」交差点を右に曲がって参道へ。。。

ソフトクリームを舐めながら 参道を歩くオッサン&オバハンの私たち(爆)
kyoto120415
写真には写ってませんけど・・・ 写せませんし・・・ (;´▽`A``


↑ 門をくぐって 左に折れて進むと
kyoto120415_5
黒くて巨大な 迫力満点の「南禅寺三門」が見えて来ます。。。

重要文化財の この「南禅寺三門」は
歌舞伎の『楼門五三桐』(さんもん ごさんのきり)の二幕目返しで
石川五右衛門が「絶景かな 絶景かな…」という名台詞でも有名です。
ただし 実際の三門は
五右衛門の死後30年以上経った 寛永5年(1628年)の建築だそうで。。。(^_^;

◇Wikipedia より◇
五間三戸(正面柱間が5間で、うち中央3間が出入口)の二重門(2階建ての門)。
藤堂高虎が大坂夏の陣で戦死した一門の武士たちの冥福を祈るため寄進したものである。
知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、京都三大門の一つに数えられている。


三門の手前 右側には 巨大な石灯籠があって ↑ 写真 右端
「寛永5年の三門落慶の際に佐久間勝之が供養の為に奉献したもの」とあり
高さ6メートルと とっても大きく その大ささでは 東洋一と言われているそうです。


三門を仰ぎ見ながらくぐり 右前方 奥へと進むと・・・

見えて来ました・・・

kyoto120415_6

『琵琶湖疏水 水路閣』

kyoto120415_7

kyoto120415_9
京都を北上する疏水分線と 琵琶湖疏水をつないでいる『水路閣』は
全長93.2m 幅員6.36m 高さ約10mの 煉瓦造りの16連アーチ橋です。

kyoto120415_8

ご存知の通り 私は幕末~明治維新の京都巡りが大好きです。

その時代から 明治の世を生きた日本人のエネルギーの凄さには
本当に この日本を思う情熱を感じさせられます。

この『水路閣』の建設当時の経緯も
調べれば調べるほど 驚くことばかりで興味深く
当時の人たちの 情熱をひしひしと感じます。

興味のある方は⇒⇒⇒『京都おちこちぶらぶらよそ見旅』 の 「水路閣」へ
と~っても 分かり易くて書かれてあって 私個人的には 好きなサイトさんです。
写真も とってもステキですョ。。。(v'-')b


『水路閣』をくぐり 石積みの階段を右に登って行くと・・・

kyoto120415_10
橋の上には水路があり 毎秒2tもの水が流れているそうです。。。


kyoto120415_11
結構な勢いで水が流れていました。。。

京都の川は 加茂川に見るように 北から南に向けて流れていますが
ここは 南から京都市の北へ向かって流れているそうです。

「水路閣」の上を流れる疎水は 京都北部の灌漑用水に利用するために引かれ
南禅寺の境内を通り やがて松ヶ崎浄水場へと流れて行きます。
この辺りには 社寺が多く点在しているため
建設当時は 反対する声も多かったと聞きます。
しかし今では この京都の歴史的な風土に溶け込んだ
本当に 素晴らしい建造物になっていると思います。

l-e

南禅寺を堪能した私たちは
「蹴上インクライン」の上を 駅に向かってテクテクと歩きます。

kyoto120415_17
インクライン脇に 何の建物かは不明ですが こんなシックな趣の建物が。。。
側に枕木が積んであったので インクライン関係の建物だと思います。

その建物の脇で
kyoto120415_12
お花見の人の喧騒も気にせず 悠々と お昼寝中だったニャンコ。。。
私たちの気配で 起こしてしまいました・・・(^∧^;)ゴメン...


再び「蹴上駅」から 地下鉄に乗って「京阪三条駅」へ

帰路に着くには まだ陽も高いので
帰りの駅近くで お茶でも飲んでひと休みしようと
四条を目指して歩きました。。。

しかし・・・晴れた日曜日の午後の京都の町・・・
とにかく人が多い・・・(ー゛ー|||)
半ば「人混みに酔った」私たちは 加茂川沿いに避難!!

川沿いに降り 缶ジュースで命を吹き返したのでした。。。ε-(゜。 ゜;)

kyoto120415_16
約一名・・・(ヒロちゃん)
吹き返せずに 「 川沿いに打ち上げられた 」 風な格好で横たわるヤツ。。。


kyoto120415_15
陽も傾き始め そろそろお腹も減ってきたことだし・・・
「どこかで メシでも喰って帰りますか。。。」
またヒロちゃんの こんな一言で立ち上がり
夕食を摂るべく 加茂川を後にしました。。。

l-ir1

・・・この日曜日の ほんの数日前・・・
この加茂川沿いから さほど遠くない祇園の交差点で
信じられないような 悲惨な死亡事故がありました。。。

この日の京都の町は 私が知っている日常に戻ったように見えましたが
道路のあちこちに残るチョークの跡と 道路の脇に供えられた花束が
あの日 この場所で起きた凄惨な事故を
現実の事だったんだと 道往く人に語っているようでした。


あの日 事故に巻き込まれ 怪我をされた皆様へ
 心からの お見舞いを申し上げます。


そして 尊い命を奪われた たくさんの方々・・・
  心より ご冥福を お祈り申し上げます。。。





  にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

    
cat-uhuhu300
             おして・・・おして・・・♪
   みなさまの30px-hukidasi-potiが 励みになります。。。
[ 2012/04/18 ] Private日記 | TB(0) | CM(4)

電車で30分とは、いい所にお住まいですね。
京都はゆっくり散策しながら観光が
私の憧れですが、修学旅行以来行ってないです。
いつかゆっくりと写真撮りながら行ってみたいです。

この間の事故は吃驚しましたね。
いったい何があったのか
今となっては原因がわかるのでしょうかね?
[ 2012/04/18 17:26 ] [ 編集 ]

火・サスの世界!

これはッ!(*゜Q゜*)
よく2時間ドラマなどに出てくる景色なのでは?
片●なぎささんや、船●英一郎さんなんかが、
よくヒソヒソ話してる所でしょ?
こんな有名で、歴史的文化財が、
電車で30分の距離で行けるなんて、本当に羨ましいです。
以前の「新選組ゆかりの地」の記事も勉強になりましたが、
今回は、歴史的建造物と京都の綺麗な桜を楽しませて頂きました。

私も京都は修学旅行で行ったきりなので、
Tatsukiさんの記事を読んで、一度ゆっくり旅してみたくなりました。

そんな機会に恵まれた時は、
ぜひTatsukiさんに、お薦めの場所を教わっちゃいたいです!(^ー^)
京都は、本当にステキですよネ♪

そんな皆の憧れの地で、
もう二度と、あんな悲惨な事件が起こりませんように。
[ 2012/04/18 18:05 ] [ 編集 ]

☆にゃんこさんへ☆

京都は ゆっくり時間の余裕を持って回れると
本当に 心の底から癒される不思議な場所です。。。

観光名所となっている場所は やはり人が多くて
なかなか疲れるかもしれませんが
穴場となる 隠れた名所がたくさんありますので
ぜひ時間が出来たら 訪れてみて下さい。。。

先日の事故には 私も本当に驚きました。
亡くなられた方々の無念さを思うと やり切れません。
詳細をハッキリと究明し 二度とこんな悲しいことが
あの素晴らしい町で起こらないよう 心から願うばかりです。
[ 2012/04/19 02:57 ] [ 編集 ]

☆Shifumiさんへ☆

そうです・・・火・サスの世界です。。。
現地でも あちこちでそんな声を耳にしましたよ。。。
「あ・・・サスペンスに出て来る橋だ」って。。。(笑)

近いと どうしても「今度行こう」と思いつつ
「いつでも行けるし…」と 延ばし延ばしになってしまいますネ。。。
近いのに まだ行きたくても行けてない場所がたくさんあります。
私も またカメラ片手に ゆっくり回ってみたい所だらけです。

Shifumiさんが こちらに来られる時があれば いっぱい穴場をお教えしますョ。。。
って言うか・・・一緒に観光してみたいですネ!!

みんなが憧れるステキな京都・・・
まだ 先日の事故の 記憶も傷も癒えていないけど
早く以前のように 訪れる人の心を癒す町に戻れるといいですネ。。。
[ 2012/04/19 03:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/697-12acd419