2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05















ひまわりのようだった駒ちゃん。。。

b-i20 8月8日は チンチラの駒ちゃんの月命日でしたb-i0

koma130808_3
駒ちゃんが逝ってしまって 1ヶ月になりました。。。

l-ir1

2004年・・・
駒ちゃんは ブリーダーの崩壊現場から ボランティアさんに救出された
たくさんのチンチラの中のひとりでした。。。

狭いひと部屋に 20数頭のチンチラが閉じ込められていたそうです。。。

友人のかこさん宅が預かった時
駒ちゃんは 痩せて 全身 汚れた毛玉だらけで
崩壊現場が どんな惨状だったか・・・
駒ちゃんの状態を見れば 安易に想像できたそうです。。。

それでも 駒ちゃんの性格は
私が かこさん宅に遊びに行った時も
とっても穏やかで 温和な良い子でした。。。

保護した時点で 駒ちゃんは3歳・・・


そして 2005年・・・駒ちゃんが4歳になった春・・・

駒ちゃんの写真を見た 当時 独り暮らしだった私の母が
駒ちゃんにひと目惚れ!
里子に迎えたいと言い出しました。

koma130808
母の家に来て 数日後
エアコンの工事を じっと見つめる駒ちゃん。。。


koma130808_2
魁や奈々と一緒に 夕方のお散歩も日課でした。。。

同居の奈々とも すぐに仲良くなり
当時 隣りに住んでいた 我が家のも 駒ちゃんが大好きで
よく隣りの母の家に遊びに行っていました。^^


koma130808_4
夏の暑さが苦手な駒ちゃん。。。
夏は必ず 定番! ライオン・カットにしてもらって 別猫になりました!
カットして帰ると 同室の奈々に よく「シャーッシャーッ!」言われてたネ。。。^^;

208208

koma130808_6
ブリーダー崩壊の現場で どれほどの辛い思いをしたのか・・・
私たちには 分かってあげられなかったけど
駒ちゃんの ちょっとした仕草の端々に
その頃のトラウマを垣間見る気がして
その度に 駒ちゃんの幼少期を思い 胸が痛みました。。。

時々見せる 寂しそうな目・・・
厳しい目・・・
余程ひもじい思いをしたのか ゴハンに対する執着心・・・
ブラッシングを嫌がり 絶対に梳かせてくれなかった・・・
爪を切ろうと四肢を触ると 途端に猫が変わり
すごい形相で 噛み付き 引っ掻き 攻撃して来る駒ちゃん・・・
特に 神経麻痺を起こした後 後遺症の残った後ろ足は
絶対に 触らせてくれませんでした。。。

駒ちゃんに 爪切りやブラッシングを拒否られ
手の噛み傷や 引っ掻き傷から血を出しながら
何があったの?・・・何をされたの?・・・
母は よく駒ちゃんに問いかけていました。。。

それでも 駒ちゃんを溺愛していた母は
「駒ちゃんは 男前やから
 きっと仔猫の時は ものすごく可愛かったンやろうね~♪
 その頃に会ってたら こんな辛い思いさせずに済んだのにネ。。。」
と 親バカ振り・全開で。。。 (ノー`;)


毎年 駒ちゃんが 冷たい床を求めて
こんな風に寝転び始めると ライオン・カットの合図でした。。。
今年は 春から体調を崩していたので カットする間もなく逝っちゃったネ。。。
koma130808_7
カッコいいチンチラの姿で逝けて 良かったかな・・・
だって 我が家のみんなでさえ引く あのライオン・カットで
虹の橋に逝ったら 他のみんなから「何者?」って思われちゃうもんネ。ww

sn-l


koma130715_6
駒ちゃんに 綺麗なお花を届けて下さった皆さま・・・
本当に嬉しかったです・・・ありがとうございました。

写真掲載なしと 匿名を希望された皆さまへは
この場を借りて 心からお礼を申し上げます。



そして 駒ちゃんの初七日
「母の気持ちが元気になるように・・・」と
ひまわりの花を送って下さった 東京都 N.Iさん
koma130715_5

優しいお心遣い 母ともども 心から感謝致します。。。



そして・・・
「いつも駒ちゃんの回りが温かいと良いナ」と Twitter どらごんさんから
プリザーブドフラワーを送って下さいました。。。
koma130710_5
今・・・駒ちゃんと 駒ちゃんよりも先に 
虹の橋の住人になった子たち皆の側に飾らせて頂いてます。
 

夏の太陽のような 明るい黄色の花たちは
母と同居した時 他の誰とでも すぐに仲良くなり
後から後からやって来る 新入りの子たちにも
まったく動じず 大らかな温かい駒ちゃんにピッタリの花です。。。 


koma130808_5

みんなのお父さんのようだった駒ちゃん。。。

その優しさと温かさは
辛い幼少期を経験した彼だったからこそ・・・かも知れません。


駒ちゃん・・・
甘える時・・・私たちの身体のあちこちに
よく“ゴッツン!”と
とっても力強い頭突きをしてくれたよね。。。

“ゴッツン”しながら 見上げる“どんぐりまなこ”が大好きだったヨ。。。

今度 生まれて来る時は
別に ブランド猫でなくていい・・・
平凡でいい・・・
幸せな一生を送れたら それでいい。。。

あなたが生きた 辛い3歳までの心の傷が癒えたら
必ず また会おうね・・・

駒ちゃん・・・大好きだよ。。。




 neko-rankingsankasitemasu-potisite
 にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

muku-1 tag-nekobaka-green
 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/903-6a639eae