2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07















2013年10月度“さくらねこ活動”報告 6

hananeko-line-500px-01

*公益財団法人どうぶつ基金『さくらねこ不妊手術事業』*

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する
「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回 大阪府北摂地域のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり
公益財団法人どうぶつ基金から10頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。


公益財団法人どうぶつ基金

hananeko-line-500px-01

10月24日(木)

この日 協賛指定医「くすのき動物病院」様から
「さくらねこ」不妊手術予約を4頭分取って頂き
捕獲していた4頭揃って 病院へ連れて行きました。

4頭目は 橋の下から保護した男の子。。。

tnr6_131024_5
橋の下から保護した4頭の中で いちばん身体が大きく
いちばん凶暴で 何度も引っ掻かれ 私の手は傷だらけです…(/_;)


tnr6_131024_2
保護当初の鼻水も治まったので 今回 不妊手術に連れて行きました。


男の子と一緒に保護した女の子も 避妊手術の予定でしたが
風邪を引いているようで 熱が高く 見送りとなりました。。。


お迎えの夜。。。
tnr6_131024_3
病院からの帰り道・・・
4匹の中で いちばんおとなしかった・・・と言うより
いちばんビビッていた橋の下の男の子。。。


tnr6_131024
帰宅して ケージに戻すと ボーっとした顔をしていました。
まだ 麻酔が覚めていないようです。。。^^;


tnr6_131024_4
橋の下の男の子の“さくらみみ”です!

hananeko-line-400px-04

この子たちが暮らしていた橋の上は
市内を横切る大きな国道なので
元の場所にリリースする事が出来ません。

ゴハンを運んだり 捕獲に通ったりしている時
何人もの方から 話を聞くことが出来ました。

この子たちの親猫は 
もともと 橋の下で暮らしていた浮浪者の方に飼われていたようでした。
その浮浪者の方が退去させらたあと 猫たちだけが残ってしまい
その子たちの家族が 数年間 代々ここで暮らし続けているようです。

今までにも 何頭もの子が
橋の下から 上の道路に出て 車に轢かれて亡くなってるのを見た・・・と。


この子たちは 橋の下へリリースせずに
何とか里親さんを探してあげたいと思います。。。





 neko-rankingsankasitemasu-potisite
 にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

muku-1 tag-nekobaka-green

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsenna.blog102.fc2.com/tb.php/946-c7efafb0